Vol.3 キャリアデザイン

――大学を卒業されてからの、キャリアの話をうかがいたいのですが。

まずは、紳士服販売の企業に入社し、秘書や広報、店舗責任者として働きました。

その後、「やっぱり教育をどうしてもやりたい!」と思い、次世代のリーダーを育て、「日本を元気にしていく」というNPOを見つけ、転職をしたんです。

そこでは、研修の運営を経験させてもらったり、メールマガジンを書いたりしながら、いろいろな人の意見を吸収し、勉強させてもらいました。

教育に携わる基盤ができたので、再び転職。今度は、実際に自分が研修講師として働く場所を見つけました。その研修や教育を通して、人に「自分はこんなこともできるんだ」「働くのはこんなに楽しいことだったんだ」といろいろな気付きを与えられることを経験しました。さらに、研修を受けた人の視野が広がり、変わっていく様子を、まざまざと見ることもできました。

そして、今までは、社会人向けの研修が主だったところを、今後は、学生向けにもその対象を広げたいと思い、2010年に会社を辞め、独立することにしたんです。

――その場、その場で、いろいろな経験をなさっていますね。ところで、どんなことを感じた時に転職をされているのですか。

これまで、わたしは3回転職をしているのですが、「やりきった感」があった時にしか、転職をしないと決めています。これまで3つの企業・組織を経験しましたが、その時は山あり、谷ありで、結構、谷の期間が長かったんです。

たとえば、新しい事業部の立ち上げにかかわった時があったのですが、その時は、とにかく働き詰めで、平均睡眠時間が2〜3時間という期間が半年ほど続きました。複数のマネジャーとすり合わせをしたり、何百通もの発送作業を行ったり、早朝や深夜の取材対応などで、精神的に消耗していきました。追い打ちをかけるように、プライベートでも信頼していた人から裏切られるというショッキングな出来事があってから、無気力な、軽いうつ状態になり、もう何をやっても裏目に出てしまうようになりました。

そういう時って「すごく転職したい」と思うのですが、自分としては、そこからちゃんと這い上がってきて、さらに成果を出した時に辞めようという気持ちがすごくあって。絶対にボトムでは辞めない。どんなにつらくても辞めないというのを決めていました。というのも、それを乗り越えた後のやりきった感、乗りきった感が、自信や自己肯定感につながっていくことを実感しているからです。はたから見ると、すごい成果でもなかったりするかもしれないけれども、自分なりの納得感はあるんですね。

ちなみに、軽いうつ状態になった時には、2週間会社を休みました。人は強いもので、底をつくと勝手に上がってきてくれるというのを体験しましたね(笑)。自分の限界を知りましたし、何より、どこかで力を抜きながら働くのも大切だということを学ぶ機会にもなりました。

――リアルな体験から、深い気付きや学びがあったのですね。これからは何をやっていこうと思っているのですか。

自分が本当にコアとしてかかわっていけるような、ワークショップを開きたいと思っています。

今でいうとソースのワークショップですね。人の可能性とか、人が大切にしているものにしっかり向き合っていく。そういうワークショップを開催できる機会が、今、増えてきています。

転職するたびに、これが「天職だ」と思ってやってきました。やはり仕事は「好きこそものの上手なれ」で、自分がワクワクするものには熱中もできるし、集中もできます。

そこできちんと没頭していけるから、それなりにきちんと成果もついて来ます。“善循環”がまわっていくというのを実感していますね。

これまでを振り返ってみると、何かを「やりきる」と、必ず次に自分のステップアップにつながるきっかけが用意されていました。でも、やりきらないと、そのきっかけは現れないんですよね。やりきると、自分の望むものが自然に現れてきます。

「こういうことをやってみたい」というところに必ず行けるんです。転職は、つらい時ほど、あとひとふんばり。がんばれば、絶対その先には、ステップアップする機会が待っています。自分の「納得感」は自信につながり、その自信は、次の自分のステップアップの機会を引き寄せます。ぜひ、その機会を待ってみて欲しいです。

インタビュアー、ライター 大八木 智子
フリーライター。神奈川県生まれ、横浜在住。
介護、子育て、医療、食など、くらしに役立つ情報を、新聞・雑誌・WEBなどに執筆している。
Webサイト:http://www.oyagitomoko.com/

このページのトップへ

Contents
  • 01セミナー/ワークショップ
  • ソース・ワークショップ
  • 学生向け就活セミナー
  • Coming soon...社会人向けワークショップ
  • 02メッセージ&ストーリー
  • Vol.1 アイデンティティ
  • Vol.2 リレーションシップ
  • Vol.3 キャリアデザイン
  • 03生田早智江って、どんなひと?
  • 04事業概要/代表プロフィール